2022.01.27

伊達朱里紗、Mリーグ初の10万点超えで知名度も爆上がり。「ラーメン屋であらためて自覚しました」

  • 津金壱郎●取材・文 text by Tsugane Ichiro
  • 佐野美樹●撮影 photo by Sano Miki

Mリーグ女流雀士インタビュー(3)
伊達朱里紗@後編

◆伊達朱里紗さんの厳選フォトギャラリー【全7点】はこちら>>
◆Mリーグ女流雀士インタビュー(1)「岡田紗佳」から読む>>

 Mリーグ2021で並み居る歴戦のツワモノたちを向こうにまわし、強烈な輝きを放っているのがプロ歴2年半の伊達朱里紗選手だ。昨年末時点で個人ランキングでトップに立ち、Mリーグ史上初の10万点超えの最高スコアを叩き出している。今季KONAMI麻雀格闘倶楽部の新メンバーとなった伊達選手に、Mリーグでの未来像などを聞いた。

◆伊達朱里紗@前編はこちら>>「麻雀アニメを見てハマり、声優からプロ雀士に」

   ※   ※   ※   ※   ※

伊達朱里紗(だて・ありさ)1991年5月10日生まれの30歳伊達朱里紗(だて・ありさ)1991年5月10日生まれの30歳 この記事に関連する写真を見る ---- 伊達選手が初めてトップを取った10月22日の対局で話題になったのが、伊達選手が親番で役満のツモリ四暗刻(スーアンコウ※)をテンパイしながら、他家の当たり牌を掴んだ時に勝負を降りたことでした(※=4つの面子をすべて暗刻で揃える役)。

「打っている時は、掴んだ5萬が危ないと思っていてもアガリ牌だとは知らないから、終わってから確認して、本当にホッとした感じでしたね」

 10月22日の第1戦で伊達選手が対局したのは、EX風林火山・二階堂亜樹選手(日本プロ麻雀連盟)、KADOKAWAサクラナイツ・岡田紗佳選手(日本プロ麻雀連盟)、セガサミーフェニックス・魚谷侑未選手(日本プロ麻雀連盟)。

 トップ目の伊達選手が親番の南3局1本場8巡目に、3着目の岡田選手から5萬・8萬待ちのリーチが入る。11巡目に伊達選手の手は役満48000点のツモリ四暗刻テンパイに。ヤミテンで押していくも、15巡目で岡田選手のアガリ牌の5萬を掴むと、手を崩して放銃を回避した。

---- どうして岡田選手のアガリ牌がわかったのですか?

「それは違うんです。ビタ止めだと言われますけど、違うんですよ。手にした危険牌が絶対に当たるとは思ってなくて。あくまで私は状況が見合っていないから、この牌は押さないと考えただけで」