2019.06.09

畠山愛理が毎夜必ずしていること
「逆立ちして頭をすっきりさせます」

  • sportiva●文 text by sportiva
  • 佐野隆●写真 photo by Sano Takashi

★畠山愛理インタビュー 後編

 女子新体操の日本代表、通称フェアリージャパンの一員として、ロンドン五輪(2012年)、リオデジャネイロ五輪(2016年)に出場した畠山愛理さん。大会前から「決めていた」というリオ五輪で現役を引退。今では、自身の経験を生かして『サンデースポーツ2020』(NHK)でスポーツの魅力を伝える一方で、『バカリズムの30分ワンカット紀行』などバラエティー番組にも出演し、キュートな一面を見せている。また、170cmとスタイル抜群の容姿でモデルとしても活躍中だ。後編では、プライベートについても語ってもらった。

最近、料理にハマっているという畠山愛理さん

―― 現役の時、試合直前に集中するためにしていたことはありますか。

畠山 私は、必ず会場までの移動は明るいリズムがとれるような曲を聴いて(気持ちを)高めるタイプでしたね。聴いていたのは洋楽ばっかりで。アリアナ・グランデさんとか、テイラー・スウィフトさんとか。

―― 食事で気をつけていたことは。

畠山 試合はほとんど海外だったので、同じ食事を摂れないんです。なので、ある意味、意識しすぎないということを意識していたかも。いつものように食事を摂れないと「ああ、どうしよう」って思ってしまうので。日本だったら調整できるんですけど、代表に入ると日本で試合がなかったんです。

―― 競技や仕事をするうえで失敗はあると思います。気分転換にすることはありますか。

畠山 今だったら書くことですね。引退してすぐは初めてする仕事が多かったんですけど、失敗したほうが学べることは多いというのは現役時代にもすごく感じていたので、どの仕事でも失敗するのはよくないけれども、それでもよかったと思うためには、反省して次に生かしたいので。引退してすぐのころは、毎日ノートに「こういう時はこうしよう」とか「こうすればよかった」ということを書いていますね。あと、よく人に話します。

―― それはご両親が多いですか。 

畠山 そうですね。両親や話しやすい人に話して、意見をもらったり、時には慰めてもらったり。