2019.02.13

カーリングに青春を捧げた吉村紗也香
「好きなものはお笑いとお寿司」

  • 竹田聡一郎●取材・構成 text by Takeda Soichiro
  • 甲斐啓二郎●撮影 photo by Kai Keijiro

――最初のチームを覚えていますか。

「小学校4年生のときに、井田莉菜さんや氏原梨沙さんらとチームを組んだのが最初です」

――そのまま札幌国際大学まで、一緒に戦ってきたメンバーですね。

「そうです。そして、中学校2年生のときに石垣真央選手(現・富士急)が、大学で石山奈津子選手(現・札幌カーリング協会)が加わってくれました」

――これまで吉村選手を取材してきて、不思議だなと思っていたことがあります。それは、パーソナルな部分がなかなか見えてこない点です。

「そうなんですか?」

――今は、多くのアストリートがSNSを使って自身の近況などを自ら発信している時代ですが、吉村選手は何もされていないですし。

「一応、アカウントはあるんですけど、友だちがアップしたものをときどき見るぐらいですね。自分のことをアップするのが嫌なわけではないんですけど、とくに発信するようなことがないんですよ」

――趣味などはありますか? 公式ホームページには「ボディクリームのコレクター」と記されていますが。

「ボディクリームは好きなので、コレクターというか、いい匂いのするものは、すぐに買っちゃいます。ただ、それが趣味かと言えば、どうなんだろう。(趣味を)聞かれても、実はこれといったものがないんです」

――たとえば、休日は何をして過ごしているのでしょうか。

「とくに何も......。家にいて、誰にも邪魔されずにテレビを見ていたりするのが幸せなんですよね。あと、インターネットで過去の『M-1グランプリ』のネタを見たり。お笑いは好きです」