2017.12.29

カーリングのLS北見、平昌五輪へ
「過酷すぎるピーキング」をこなす

  • 竹田聡一郎●取材・文 text&photo by Takeda Soichiro

「ピーキングの難しいシーズンになると思う」

 今年の2月、カーリング日本選手権で中部電力に王座を明け渡したあと、ロコ・ソラーレ北見(LS北見)の主将・本橋麻里は、珍しく厳しい表情を見せてそう語った。

 彼女の言う「ピーキング」とは、チームとしてどの大会に照準を定めるか、調子を上向きに持っていくかのマネジメントを指す。

 LS北見はこの日本選手権で優勝していれば、平昌五輪の日本代表に内定するはずだった。それが、準優勝に終わったことで、9月に五輪の出場切符をかけた中部電力との代表決定戦に臨むこととなり、シーズン早々にもピークを作らなければいけなくなったからだ。

 通常、カーリングのシーズンは9月上旬に本格的に始まる。近年は夏に国内大会が新設されたこともあって、ここ最近は日本の有力チームもおおよそ7月には実戦をスタート。そこから徐々にギアを上げていって、年末から年明けに向けてピークを持っていくのがチームビルディングの正攻法となっている。

 その場合、9月の時点では、チームの仕上がりは30~40%ほどでよかった。しかし今季(2017-2018シーズン)は、その9月に非常に重要な一戦が組まれ、LS北見はまず、そこに合わせてチームの状態をトップに持っていく必要があった。