2017.09.06

LS北見vs中部電力。五輪よりも
シビれるカーリング女子の代表決定戦

  • 竹田聡一郎●取材・文 text&photo by Takeda Soichiro

 カーリング女子の平昌五輪代表決定戦が、9月8日からアドヴィックス常呂カーリングホール(北海道北見市)で行なわれる。

 参戦するのは、2016年の日本選手権を制して同年の世界選手権で準優勝に輝いたロコ・ソラーレ北見(以下、LS北見)と、今年の日本選手権の覇者である中部電力の2チーム。「ベスト・オブ・ファイブ」の競技形式で5試合のうち先に3勝したチームが、日本代表として平昌五輪の出場権を獲得する。

 直近5試合の両チームの対戦成績を見てみると、LS北見が4勝1敗と勝ち越している。昨年12月の軽井沢国際の予選(6-3)、今年2月の日本選手権の予選(5-3)、プレーオフ(9-8)、そして先月行なわれたどうぎんクラシック(8月3日~6日/北海道札幌市)の予選(11-3)でも勝利。唯一の敗戦が、日本選手権の決勝(7-5)だった。

 その戦績が示すとおり、選手や関係者の間でも「LS北見有利」という見方が強い。決戦の舞台が、LS北見のホームリンクという点もアドバンテージとなる。ある関係者が言う。

「単純に技術で言えば、LS北見のほうが上。しかも、ホームの利がある」

8月のどうぎんクラシックで優勝したロコ・ソラーレ北見 ここに来て、LS北見はチームの仕上がりもいい。どうぎんクラシックの初日、サードの吉田知那美が「負けにくいカーリングが完成に近づいている」と発言したが、その言葉どおり、同大会の全5試合で有利な後攻でゲームを始め、先制点を獲得。相手に一度もリードを許すことなく、全勝優勝を遂げている。