2015.12.02

東京五輪の競技会場は、観光名所にどんどん「仮設」で作れ!

  • text by Sportiva

山嵜 ロンドンや英国は見せ方がうまい。オリンピックに取り組むにあたり、国家戦略みたいなところから考えているのが感じられました。オリンピックが目的ではなくて、オリンピックを手段として考えていたと僕は思っているんです。今、日本企業の人たちはいかにオリンピックから仕事を取るかみたいな話をしているけれども、もっと長期的に考えて、日本の様々な問題、例えば少子高齢化や介護などの問題に結びつけて、オリンピックを活用する考え方をすべきです。具体的には外国人観光客がいっぱい来ている現状から考えても、観光促進に五輪を繋げるべきだと思う。世界中のテレビの前にいる人に、五輪を通してさらに日本に興味を持ってもらい、観光してもらう。将来は日本に住んで働いてみたいと思ってもらえば移民政策にも繋がる。

杉山 ロンドンがあのコンセプトで成功したんですから、日本ももう少し、なんで観光のことを言わないのかなと思います。

山嵜 僕もそう思います。日本人は個人旅行をあまりしたことがないということも関係するのかもしれませんが、杉山さんにしても、1人で仕事で海外に行くと、すごく苦労しますよね。

杉山 スタジアムどこだ、みたいな。

山嵜 そう。海外だとまず電車が来ないとか。その点、日本のきちんとした運行を一度体験すると、「ああ、いいなこの国は」と思える。新幹線に乗りたがる彼らって、そういうところを見ますよね。1~2分遅れるだけでアナウンスで謝っているのを通訳すると面白がる。「たった1~2分なのになんで?」と。だから「それが日本人のスタイルなんだよ」って、きちんと伝えてあげます。

杉山 そうですよね。ドイツ人は日本人と似てると言いますが、ドイツのW杯の時なんかも電車が遅れるし、1時間ぐらい遅れても誰も文句を言わないじゃないですか。日本だとあり得ない話なんですよ。それをドイツ人でさえやる。イギリスは結構当たり前。イタリアとかはもっとひどい。でも日本って、サインの表示が悪くないですか。