2014.08.26

【月刊・白鵬】横綱がはまった「スポーツ漫画」

  • 武田葉月●構成 text&photo by Takeda Hazuki

 そんなことを考えながら、自分の少年時代を振り返ってみると、漫画を読んだり、テレビでアニメを見たりといった覚えがありません。そもそも、モンゴルには漫画雑誌というものがなかったんですよ。テレビでは何かしらアニメを放送していたかもしれませんが、それを見ていた記憶もありません。小、中学生の頃の私は、とにかくバスケットボールに夢中で、毎日、家に帰る直前までバスケットボールをやっていました。それで、テレビを見る時間がなかった、というのもあるんですけどね。

 もちろん、今ではモンゴルでも日本のアニメが放送されていますし、DVDで見ることもできます。そのため、近年はモンゴルの子どもたちにもアニメ好きが増えているみたいで、ひょっとするとその影響を受けて、スポーツを始めている子がいるかもしれませんね。

 私の3人の子どもたちも、アニメは大好きです。ただ、スポーツ物には興味がないようで、もっぱら家で見ているのは、宮崎駿さんの「スタジオジブリ」の作品ばかりです。

 今でもバスケットボールが大好きな私は、漫画と言えば、やっぱり『SLAM DUNK』(集英社)ですね。テレビアニメはずっと見ていましたし、コミックは全巻そろえてあります。時間があるときは、たまに読み返して“バスケット・ワールド”に浸っているんですよ。


8月特集
すべてのことはスポーツ漫画から学んだ>

関連記事