2012.06.18

【インタビュー】美しきヒロインの素顔~猪俣紗奈子(アルティメット)

  • 脊山麻理子●インタビュー interview by Seyama Mariko
  • スエイシナオヨシ●撮影 photo by Sueishi Naoyoshi


脊山
 そして、世界大会では見事に銀メダルを獲得しました。

猪俣 初めて世界大会に出場して、メダルを取れたことはすごくうれしかったです。何度も挫けそうになりながら、最後までやり切れましたし、自分の中では達成感がありました。ただ、精神的にいっぱいいっぱいの状態でしたから、自分がチームに貢献できたのか、と考えると「できなかったな」という思いのほうが強いです。もちろん、すごく勉強になったし、いい経験にはなったのですが……。

脊山 それから4年が経過して、今年の夏には再び日本代表メンバーとして世界大会に挑みます。当時の自分と今の自分とで、何か違いはありますか?

猪俣 今思えば、4年前の自分は「甘かったな」と思います。メンバーの誰もがいろいろな問題を抱えているのに、当時は自分だけが辛い思いをしていると思い込んでいましたからね。そういう意味では、精神面での成長は少なからずあるかもしれません。

脊山 プレイの面ではいかがでしょうか?

猪俣 以前は、ひとつミスをすると、次にまたミスをするのが怖くなって、思い切ったプレイができなくなってしまうところがあったのですが、今はミスしてもそれを引きずらなくなりました。すぐに気持ちを切り替えて、次、次、と積極的なプレイができるようになったと思います。

脊山氏(右)に金メダル獲得を誓う、猪俣選手(左)。脊山 世界大会に向けての手応えはいかがですか?

猪俣 外国人選手は背も高くて身体的な面で差を感じますが、日本には”スピード”という武器があります。すばしっこさというのはどの国にも負けないと思いますので、その強みを存分に生かして勝負したい。そして、ここ一番にかける集中力という、気持ちの面でも負けないようにしたいですね。

脊山 目標は、やはり……。

猪俣 金メダルです! 今はそれしか考えていません。

アルティメットから一度離れて
その存在の大きさに気づかされた

脊山 ところで、家族のみなさんは、アルティメットに励んでいる猪俣選手をどう見ていますか?

猪俣 常々「あなた、いつまでやるの?」と言われていますが(笑)、すごく応援してくれていて、大きな大会があれば会場に足を運んで声援を送ってくれます。