2022.07.03

樋口新葉は「明るく楽しく前向きに」。新SPを披露し「強い女性を表現したい」

  • 小宮良之●取材・文 text by Komiya Yoshiyuki
  • 能登 直●撮影 photo by Noto Sunao / Dreams on Ice 2022

北京五輪直後に右足に痛み

 7月1日、横浜。アイスショー「ドリーム・オン・アイス」の公演初日、樋口新葉(21歳、明治大学)は後半の部に登場した。オープニングの白銀にピンクが入った衣装から、右肩だけを露出した黒い衣装にチェンジ。2022−2023シーズン、ショートプログラム(SP)の『Never Tear Us Apart(ネバー・ティア・アス・アパート)』を滑り、髪を揺らしながら、大人っぽさ、色気を醸し出した。

「ドリーム・オン・アイス」で新SPを披露した樋口新葉「ドリーム・オン・アイス」で新SPを披露した樋口新葉 この記事に関連する写真を見る  今年2月の北京五輪、樋口は団体戦で見事にメダル獲得に貢献している。個人でも、五輪女子史上5人目のトリプルアクセル成功者となって、5位に入賞した。得意のアクセルを翼に、彼女は世界で羽ばたいたと言えるだろう。

 ただ、この日のアイスショーでは、冒頭のアクセルジャンプは回転がほどけてしまい、本来の調子ではないのは明白だった。

「足(のケガ)は完治して、練習も始めていたんですが、なかなかシーズン中の身体には戻らずに。筋力も落ちているので、まずはそこを戻していけたらと思います」

 樋口本人がそう語ったように、右すねの疲労骨折からの復帰途上だ。

 北京五輪直後、右足に痛みを覚えた。そこからずっと痛みは消えなかった。3月の世界選手権、さらに4月の『スターズ・オン・アイス』を終え、ようやく病院で診断を受けた。そこで疲労骨折という診断を受け、しばらく安静となった。

 そのケガは図らずも、激闘の証だったと言える。フリースケーティングの『ライオン・キング』は今や彼女の代名詞となるほど、生命力を感じさせるダイナミズムがあった。ただ、出力を最大限に上げたトレーニングは、肉体を酷使したのだろう。