2020.12.22

髙橋大輔は今を生きる。「アイスダンスを、もっと知りたい」

  • 小宮良之●文 text by Komiya Yoshiyuki
  • 田口有史●撮影 photo by Taguchi Yukihito

 シングルスケートとアイスダンスは、別の競技のように違う、とも言われる。そこを乗り越えて極めようとすれば、困難のほうが多い。否定的な意見も出るかもしれない。

 それに打ち克つには、楽しむしかないのだ。

 伝説をつくった男は、今を生きる。

「アイスダンスを、もっと知りたいと思いました。そうすれば、スケートの広がりが感じられるはずで」

 髙橋はアイスダンス転向の理由を、そう説明していた。

「今の自分は、(スケートに関して)競技者か、プロか、その境をなくしています。どっちか、というのはありません。もちろんオリンピックに出るには、形としては競技者になりますけどね。勝たないと注目してもらえない、とは思っていますから」

 楽しむことと勝負。そのふたつが、同時に存在している。そこで生まれるエネルギーは巨大である。たった数日間でも、技を劇的に改善させられるほどだろう。事実、ツイズルの不安は、つなぎのステップやコースを調整することで完全に修正した。ステップはアイスダンス仕様でより軽やかに、リフトの流れも滑らかになりつつある。NHK杯から、一新した演技が見られても不思議ではないだろう。