2019.07.25

大学生・樋口新葉は生活一変。
是が非でもトリプルアクセルを武器に

  • 辛仁夏●文 text by Synn Yinha
  • 能登直●撮影 photo by Noto Sunao(a presto)

全日本フィギュアシニア強化合宿に参加した樋口新葉 今春から大学生になった樋口新葉は、学業と両立しながらフィギュアスケートに打ち込んでいる。週5日、学校に通う毎日。高校生の時よりも練習量は減っているというが、オンリンクとオフリンクのメリハリをしっかり作って、集中して練習に取り組んでいることが、逆にいい効果を生んでいるようだ。

「大学に入学してめちゃめちゃ生活が変わりました。楽しいですけど、テスト期間になるので焦っています。勉強は大変なところもあるし、意外と何とかなるところもあります。スケートをしていることは(学業とは)関係がないので、ちゃんと勉強しないといけない科目はすごく大変です。

 月曜日から木曜日までは1、2限に必修科目の授業があるので、(スケートリンクの)朝の貸し切り(練習)に出られなかったりすることが多く、その分、めちゃくちゃ短い時間で集中して練習を頑張るようにしています。だらだら練習しないで、メニューをちゃんと決めて練習できるようになりました。トリプルアクセルも、すごくコンスタントに練習できるようになったかな。あと、学校でスケートのことを考えないでいられるので、(精神的には)逆にすごくいいバランスが取れていると思います」

 性格的に根を詰めて考えすぎる傾向がある樋口にとって、文武両道の明治大学に入学したのがよかったのかもしれない。昨シーズンは試合で、少々気合いが空回りしたところも見受けられた。力まずもう少しリラックスしたアプローチでスケートに取り組むことで、本来持っている実力が発揮できるのではないだろうか。

 2018年、平昌五輪出場をあと一歩のところで逃した悔しさを持つ樋口にとって、次の北京五輪の代表を目指すためにも、今季は是が非でも、トリプルアクセル(3回転半ジャンプ)を武器にしなければいけない。その覚悟は、シニア強化合宿でも伝わってきた。

 スピード感あふれるスケーティングとダイナミックでキレのいいジャンプが持ち味。シニアデビュー以来、表現力も磨いてきた。さらにレベルアップして世界のトップ争いに加わるためには、もうひとつ武器が必要だ。今季は4回転を跳んでくるロシアの若手も参戦してくるだけに、対抗するためにもトリプルアクセルが必須になることは間違いない。だからこそ、目の色を変えてトリプルアクセルの練習に励んでいるのだ。