2019.04.19

美技連発! 国別対抗戦で優雅に舞った
世界の女子スケーター

  • 能登直●撮影 photo by Noto Sunao(a presto)

 4月11日から14日にかけ、今シーズン最後の公式戦となる世界フィギュアスケート国別対抗戦がマリンメッセ福岡で行なわれた。6カ国が男女シングル各2人、ペア1組、アイスダンス1組の4種目で争い、各種目で高ポイントを獲得したアメリカが1位。連覇を目指した日本は2位となった。

 男子シングルスはSP、フリー共にアメリカ勢がワンツーフィニッシュを飾り、日本の宇野昌磨がそれに続いた。一方の女子シングルスは、上位の顔ぶれが変わる混沌とした戦いに。そこで坂本花織、紀平梨花と競い合った世界の女子スケーターたちにスポットを当てた。

【1位・アメリカ】

ブレイディ・テネル(21歳)

【国別対抗戦】SP 74.81(4位・9ポイント)/FS 150.83(2位・11ポイント)

 3月の世界選手権で7位に入った勢いをさらに加速させ、アメリカの優勝に貢献した。特にフリーは完璧な滑りを披露し、自己ベスト(世界選手権の143.97点)を大きく上回った。国別対抗戦では順位に反映されないが、総合得点の225.64点は世界選手権の2位に相当する高得点。来シーズンに向けて大きな手応えを得た。