2017.10.22

羽生結弦、勝てなくても「足がグタグタに
なるまで滑る幸福を感じる」

  • 折山淑美●取材・文 text by Oriyama Toshimi
  • 能登直●撮影 photo by Noto Sunao(a presto)

 だが、後半最初のジャンプの4回転サルコウは重心が落ちてしまう着氷になり連続ジャンプにできず、そこからスピードが落ちた滑りになる。その後、3連続ジャンプにする予だった4回転トーループはパンクをして2回転になってしまった。

 公式練習での出来を見て、ルッツ以外はそうそうミスしないはずと思われた4回転ジャンプでのミス。それについて、演技後に羽生は苦笑しながらこう説明した。

「ループに関しては、やはりルッツとの兼ね合いがうまく取れていなかったです。集中の案配というか、そこをうまく調整しなければいけないなと思いました。もちろん4回転ルッツを跳べるようになって4回転ループの確率は格段に上がりました。僕の場合、難易度順に近い形で徐々にステップアップしていくタイプなので、ルッツが跳べるようになったことでループもだいぶハマりやすくなりました。ただ、難しいジャンプにばかり手をつけていると、他のジャンプにちょっと影響が出てしまうということもあります」

悔しい結果となったが、次戦への意気込みを語った 羽生は、4回転ジャンプの跳び方はそれぞれ違い、「すべてを跳び分けている」と言う。踏み切る瞬間に力を入れる部分や、そこに入るまでの体や心の準備、タイミングの取り方などはすべて別のものになっているようだ。だからこそ、いろいろなジャンプに同時に手をつけていると、少し混乱するような状態になることもあるという。