2017.03.20

本田真凜は連覇ならずもパーフェクト。
涙の向こうに「大きな目標」

  • 折山淑美●文 text by Oriyama Toshimi
  • 能登直●撮影 photo by Noto Sunao

 連覇を狙った世界ジュニアの熱戦を2位で終えた本田は、今大会の演技をこう振り返った。

「ショートもフリーも自分の目指す演技ができました。特にフリーはスピンもステップもすべてレベル4が取れたので、次につながる部分もたくさんあると思います。この演技を観て、望結はたぶん褒めてくれるでしょうけど、紗来はけっこう辛口なので順位のことを言ってくると思います(笑)。

 私はノーミスの演技ができるのが、1年を通しても、練習を含めて片手で数えられるくらいしかないんです。でも、今回は『できる』という感じがあってその通りにできたのと、 点数もついてきたのでよかったと思います。それでも、やっぱり優勝したかったなという気持ちが同じくらいあって......」

 悔しさを露わにした本田は、顔を上げると「今、吹っ切れたので、もう大丈夫です」と明るく笑った。そして「今大会は楽しみながら演技ができたので、次は、ずっと目標としていた『五輪で金メダルを獲る』という夢に向かい、来シーズンは強気に駆け抜けていきたいと思います」と宣言した。