2015.12.14

「得点だけではない」。
羽生結弦が世界最高のその先に目指すもの

  • 折山淑美●取材・文 text by Oriyama Toshimi 能登直●写真 photo by Noto Sunao

 12月12日のグランプリファイナルの男子フリー。ショートプログラム(SP)で歴代史上最高の110・95点を出した羽生結弦が演技を始めたとき、それを見ている記者としては、高得点への期待感より不安の方が上回っていた。

 この日の朝、連戦の疲労が「ピークに達していた」と言う羽生。彼が常々話しているように、SP、フリーともノーミスの演技をするのは極めて難しいこと。ノーミスの演技をすれば、当然のようにNHK杯の322・40点を上回る結果になる。「2大会連続でそれが実現するのか」という思いが、どこかにあった。

世界最高得点を更新して、GPファイナルで3連覇を達成した羽生結弦 直前の6分間練習で少し腰が落ちてしまう着氷になっていた4回転サルコウを完璧に決めても、次の4回転トーループをきれいに決めても、その不安は消えなかった。

 そのあとも、ジャンプをひとつ決めるたびに安堵と不安が交互に去来する。ようやくホッとひと息つけたのは、シーズン序盤のオータムクラシックやスケートカナダでミスが出ていた最後の3回転ルッツをきれいに決めてからだった。

 それは当然、羽生自身も感じていることだった。