2014.11.29

言い訳はいらない。羽生結弦が描く逆転優勝へのシナリオ

  • 折山淑美●取材・文 text by Oriyama Toshimi 能登直●撮影 photo by Noto Sunao

 どんな競技でもアスリートの身体は非常に敏感で、そのときのコンディションに正直に反応するもの。頭で「このくらい」と考えていても、心のどこかに不安が残っていれば、どうしてもそれがパフォーマンスに影響してしまうことが多い。

 今回、羽生はケガからの回復が必要だったため練習量が少なく、トコトン積み上げたという手応えはあまりなかっただろう。だからこそ「少し力を抜いて」という考え方に、身体が過剰に反応してしまったのかもしれない。羽生自身、大会前の会見で「大丈夫」と気丈に振る舞ってはいたが、まだ不安を抱えての出場であり、頭の中のイメージと、身体の反応に少しズレがあったといえる。

 また、自分自身の中で「(ミスしたことの)言い訳を見つけようとしていたのではないか」と羽生は言った。「ケガをしたから練習ができていない。不安になるのはしょうがない」と。「だからこそ5位発進という結果になってしまったと、すごく反省しています」

「それに、中国杯の後『ファイナルへ行きたい』と思っていましたけど、今日のSPが終わった後で気がついたのは、『ここはファイナルじゃない、NHK杯だ』ということ。ファイナルに行くためといっても、今は今。この大会に臨んでいる今に、もっと集中しなければいけないと思ったんです。優勝とか3位以内でファイナル進出決定というのではなく、とにかく今日の試合の内容や課題を見直して、しっかり寝て体力を回復して、朝の練習をしっかりやって試合もしっかりやってと、ひとつひとつ区切りをつけてやっていかなければいけないと思いました」

 一方、SPで1位となった無良は記者会見でこう話した。