2013.08.31

夢の舞台を目指す羽生結弦、「五輪シーズンの戦略」とは?

  • 折山淑美●取材・文 text by Oriyama Toshimi 能登直●撮影 photo by Noto Sunao(a presto)

 2014年のソチ五輪でのメダル獲得を目指す羽生結弦が、8月30日に一昨年までの本拠地だったアイスリンク仙台で練習を公開した。

 100人近いメディアの数に、「これほど大規模になるとは思っていなかったのでビックリして、最初は集中できなかった」と苦笑したが、今季のフリープログラム(FP)の曲『ロミオとジュリエット』や、ショートプログラム(SP)の『パリの散歩道』を流しての練習や、4回転トーループ(4T)、4回転サルコウ(4S)の練習も行なった。

故郷である仙台のリンクで練習を公開した羽生結弦「カナダから一度帰国しましたが、これからカナダでキャンプ(合宿)が始まるので、(練習を公開する)タイミング的にはこの時期しかなかった。この後は9月3日にカナダへ戻り、フィンランディア杯、スケートカナダ、フランス杯と試合に出るので、次に日本に戻って来るのは、(出場がかなえば)グランプリファイナル(12月上旬福岡)になる予定」と言う。

 だが、カナダでの練習が本格化しているなかでの一時帰国だったため、やや疲労が残っている状態。動き自体は若干キレを欠き、4Sで転倒をするなど苦しんでいた。

 それでも、4Tは綺麗に決め、「4Tは確率も年々上がっていて今ではアップ無しでもポンと飛べるくらいになっています。ただ、サルコウはエッジ系のまったく違うジャンプだから今日はすごく大変だった。数年前このリンクで4Tに苦戦していた時のように一生懸命やれたので、懐かしい気持ちでしたね。以前は1時間以上も4Tの練習しかやらない時もあったので、それを思い出しながら楽しくやれました」

 こう話す羽生は、ソチ五輪を「五輪を夢見た子どもの頃からの、ひとつの集大成」と言う。彼にとっては初めての五輪挑戦ではあるが、五輪に出て金メダルを獲りたいというのは小さな頃からの夢。