2012.04.01

初の世界選手権で3位。羽生結弦が描く「金メダルよりも大きな夢」

  • 青嶋ひろの●取材・文 text by Aoshima Hirono
  • 能登直●撮影 photo by Noto Sunao(a presto)

日本男子史上最年少の17歳で世界選手権銅メダルを獲得した羽生結弦
 4回転トウループを颯爽(さっそう)と決めた後、トリプルアクセルを軽々と決めた後。思わぬところでの転倒にもめげず、2度目のアクセルを気合いで決めた瞬間。そして最後のトリプルサルコウに挑む瞬間……。

 プログラムの要所要所で、今シーズンの試合ごとに聞いてきた、羽生結弦の言葉がよみがえってきた。

「せっかく4回転を跳べたのに、4回転以外のところでミスをしてしまうなんて、ほんとうにダメですね……。特に後半のアクセルでこけるなんて、情けなかった」(中国グランプリ)

「最後のサルコウ、得意のジャンプでミスったことに、自分でもびっくりしてしまいました。途中まではなんとか集中できていたのに、あともう少し、最後まで集中しないと」(グランプリファイナル)

 フリープログラムの4分30秒、4回転とトリプルアクセルを決めた後、特に気を抜いてはいけないことを経験で学んだ。そして、今シーズン得た教訓を生かせたからこそ、初めての世界選手権フリーで、エレメンツはパーフェクトにまとめた。17歳でのこのミラクルも、何ら不思議ではない納得の結果だった。

 しかもフリースケーティングの要素だけを見れば2位、フリーのエレメンツスコア(要素点)だけなら銀メダルの髙橋大輔も優勝したパトリック・チャンも抑えて1位。そして、世界選手権初出場、初メダル。これには、驚くほかない。

 とても手が届かないと思っていたチャンに、トータルスコアでは15.05点差まで迫った。今大会、ペアで銅メダルを獲得した高橋成美&マーヴィン・トラン組に続き、素晴らしい演技を伴った、素晴らしいサプライズメダルだった。

 こうなると各国メディアから早くも聞こえてくるのは、「この年齢でもう世界のメダリストになると、この先、ちょっと大変かもしれない」という声だ。

 髙橋大輔や小塚崇彦も、シニアに上がって数年間はたくさんの失敗を重ね、辛酸をなめ、「まだまだ時間がある」「今は経験を重ねる時期」と、周囲に笑顔で励まされてきた。長いチャレンジジャーとしての時期を経て、今の彼らがあるのだ。