2022.06.12

五輪メダリスト並木月海が明かす那須川天心との秘話。「幼馴染みすぎて、有名人とは思えない」

  • 石塚隆●文 text by Ishizuka Takashi
  • photo by Kai Keijiro

並木月海インタビュー(前編)

 東京五輪ボクシング女子フライ級で銅メダルを獲得した並木月海は、幼少の頃に那須川天心と出会い、以来、交友を深めてきた。その天心が、6月19日に開催される『THE MATCH』にて武尊と世紀の一戦を行なう。そんな大一番を前に、幼馴染である並木は何を思うのか。

東京五輪ボクシング女子フライ級で銅メダルを獲得した並木月海東京五輪ボクシング女子フライ級で銅メダルを獲得した並木月海 この記事に関連する写真を見る

天心は少しずつチャラくなった

── 東京五輪ボクシング女子フライ級で銅メダルを獲得した並木選手ですが、あの那須川天心選手と幼馴染みだとか。

「はい。4歳の時に兄姉の影響で極真カラテを始めたんですけど、それが縁で知り合いになりました。初めて出場した幼稚園の年長クラスの試合の決勝で天心と対戦して、負けたんです。その後も小学校2〜3年生のクラスの決勝で対戦してまた負けちゃったんですよね。所属していた道場は違ったのですが、対戦をしたことをきっかけに親同士が仲良くなって、それ以来、家族ぐるみでおつき合いするようになったんです」

── そうだったんですね。その後、小学校4年生の時に那須川選手に誘われてキックボクシングを始めたと聞いています。格闘技が身近にあったんですね。

「格闘技が生活の中心にあるのは当たり前だったので、小学生の頃はなにも不思議に思わなかったんですね」

── 極真カラテはルール上、顔面への突きが禁止されていますが、キックをやってすぐに顔面には対応はできたんですか。

「あまり考えてなかったというか、スッと入れた印象でした(笑)」

── さすがです(笑)。那須川選手は当時、どんな少年でしたか?

「小さい時はかわいかったんですけどね(笑)。身長も私と同じぐらいで、チビふたりみたいな感じだったんです。ただ途中から、少しずつチャラくなっていきました(笑)。同時に口も達者になっていった。でも注目を浴びる立場になると、ちゃんと発言できなきゃいけないですからね。私自身、以前よりはしゃべれるようになりましたけど、まだまだなので、そこはすごいなと思います」