2021.05.12

藤波辰爾「一歩間違ったらレスラー生命が終わっていた」。前田日明との失明寸前の激闘

  • 松岡健治●取材・文 text by Matsuoka Kenji
  • photo by Moritsuna Kimura/AFLO

藤波辰爾デビュー50周年
ドラゴンが語る名レスラーたち(4)前田日明
 第3回:「邪魔だった」長州力>>

 今年の5月9日にデビュー50周年を迎え、現在も自らが主宰する「ドラディション」を中心にメインイベンターとして戦い続ける藤波辰爾。プロレス人生で忘れ得ぬレスラーたちとの秘話を明かす連載の第4回は、「格闘王」前田日明との歴史に残る死闘と、新日本プロレスとUWFの対立を振り返る。

***

前田(右)との試合で顔面に蹴りを受ける藤波(左)前田(右)との試合で顔面に蹴りを受ける藤波(左)  その死闘は、1986年6月12日に大阪城ホールで行なわれた。

 容赦ない前田の蹴りを顔面で受け続ける藤波。サソリ固めなどで逆襲したが、クライマックスはコーナーに押し込まれ、顔面に前田の大車輪キックが直撃した。

 直後に右目尻から大量の血が流れた。試合は続いたが、結果は両者KOの引き分け。昭和末期に実現した激闘の傷跡は、今も右目尻に残っている。藤波はそれを見せながら当時を振り返った。

「試合後に病院で治療したんですけど、医師から『あと数ミリずれていたら、失明の危険がありました』と言われました(苦笑)。今も右のほうは見づらいですね。特に、夜に車を運転すると右の視界が遮られるような感じがあるので、夜間の運転は控えています」

 体を張って前田に立ちはだかった藤波には、死力を尽くして戦わなければならない「歴史」と「覚悟」があったのだ。

 前田は、藤波が海外武者修行中だった1977年に新日本プロレスに入門した。藤波が初めて顔を合わせたのは、1978年1月にWWWF世界ジュニアヘビー級のベルトを奪取し、凱旋帰国した時のことだった。

「ニューヨークから帰ってきて久しぶりに道場に行ったら、知らない若手選手が酔っ払って大暴れしていて、先輩レスラーに押さえつけられていたんです。それが前田でした。3、4人かかりで押さえていましたから、『威勢のいい若手が入ってきたな』と思いましたよ(笑)」