2020.02.12

井上尚弥に不敵な挑戦状。キューバの
ベテランが「怪物狩り」を宣言

  • 杉浦大介●文 text by Sugiura Daisuke
  • photo by Kyodo News

「これまでは自分より大きな相手と戦ってきたが、今では適したウェイト(=バンタム級)に落とした。これからモンスター・ハンティング(怪物狩り)に臨みたい。場所はどこでも構わない。私は2014年の大晦日に日本で戦った経験もある」

 現地時間2月8日、アメリカのペンシルバニア州アレンタウンで開催されたWBA世界バンタム級タイトル戦で、リボリオ・ソリス(ベネズエラ)に判定勝ちしたギジェルモ・リゴンドー (キューバ)は、試合後にそうまくし立てた。

WBSSを制して米国に本格進出し、さらに注目度が増した井上尚弥 この日のリゴンドーは、初回にソリスの左フックでダメージを受けるシーンはあったものの、2回以降は得意のアウトボクシングでペースを掌握。ジャッジの採点は2-1ながら判定勝利を収め、階級を下げての2階級制覇を達成し、バンタム級戦線への本格参入を果たした。そのあとに標的として挙げた"モンスター"とは、WBAスーパー、IBF王者の井上尚弥(大橋ジム)にほかならない。

 井上への不敵な挑戦状は、日本メディアへのリップサービスではない。筆者はソリス戦後の会見で井上に関する質問をぶつけようと考えていたが、こちらから尋ねる必要はなかった。会見の半ばでは、現地メディアから井上に関する質問ばかりが飛び、しまいにはその話一色になったのだ。