2021.10.11

パリ五輪へ竹下佳江が期待するセッター。女子バレー界が「明るい未来」のためにやるべきことも提言

  • 中西美雁●文 text by Nakanishi Mikari
  • 坂本清●撮影 photo by Sakamoto Kiyoshi

竹下佳江さんインタビュー
期待の新戦力と日本女子バレーの現状

 10月15日に開幕する2021‐2022シーズンのVリーグ女子(V.LEAGUE DIVISION1 WOMEN)。現役時代に長く日本代表の正セッターとして活躍し、現在はヴィクトリーナ姫路の取締役球団社長付エグゼクティブアドバイザーを務める竹下佳江に、3年後のパリ五輪も見据えた期待の選手たち、さらに、女子バレー界が目指すべき未来について聞いた。

竹下佳江が名前を挙げたセッターのひとり、デンソーの松井珠己竹下佳江が名前を挙げたセッターのひとり、デンソーの松井珠己 この記事に関連する写真を見る ***

――3年後のパリ五輪に向けて、竹下さんが期待するセッターはいますか?

「東京五輪で正セッターを務めた籾井あき(20歳・176cm)選手、リオ五輪を経験している岡山シーガルズの宮下遥選手(27歳・177cm)も含め、今のVリーグにはいいセッターが揃っています。東レアローズの関菜々巳選手(22歳・171cm)、デンソーエアリービーズの松井珠己選手(23歳・170cm)も楽しみですし、ヴィクトリーナ姫路の櫻井美樹(25歳・170cm)も期待の選手です。プレーの"質" が高い、バランスのとれた選手たちに期待しています」

――それぞれ、どんな特徴があるセッターですか?

「小学生の頃からセッターのプレー経験があるという東レの関選手は、トスワークが優れている印象があります。東レには昨シーズンから、私もロンドン五輪で一緒に戦った中道瞳がコーチとして入っているので、彼女の指導でより成長していくでしょう。関選手はすごく素直で、いろんなことを吸収する"頭のよさ"を感じます。そういった柔軟な姿勢で練習できる選手は、伸びしろも大きいです。

 デンソーの松井選手は、日本女子体育大学時代にユニバーシアードでセッターを務めるなど、アンダーカテゴリーでの国際大会の経験が豊富です。当時、アンダーカテゴリーの日本代表は現ヴィクトリーナ姫路のGM(安保澄)が監督で、育成に力を入れていた選手でもあります。彼女は、『どう自分が動いて他の選手を生かすべきか』と、チームのためにプレーできる選手。話を聞く限りでは、コミュニケーション能力も高いようです。

 姫路の櫻井は、松井選手が活躍したユニバーシアードでは"3番手"のセッターでした。そういう悔しさと経験を経て、『やるならトップでやりたい』という気持ちを強く持つようになった選手です。ただ、まだまだスパイカーを生かしきれていない印象です」