2019.10.02

石川祐希も躍動して強豪イタリアに快勝。
日本は全員攻撃バレーだ

  • 柄谷雅紀●取材・文 text by Karaya Masaki
  • photo by Kyodo News

 石川祐希(パドバ)が放ったサーブが、イタリアのコートで弾む。ノータッチでサービスエース。バレーボール男子のワールドカップ(W杯)で日本が最初に奪った得点だ。

 サーブで攻めて、相手を崩す。そこからブロックとレシーブの守備で粘り、切り返してブレイクポイントをもぎ取る。これが日本の目指すスタイルだ。それを体現する最高の滑り出しで、日本は乗った。小野寺太志(JTサンダーズ広島)や西田有志(ジェイテクトSTINGS)のサーブも効果的で、主導権を握った日本は25-17、25-19で悠々と2セットを連取した。

 第3セットは中盤まで一進一退だったが、焦りはなかった。「僕たちにはサーブという武器がある。そこを信じていた」と話した石川が、16-15からこの試合2本目のサービスエースで抜け出すきっかけを作ると、最後は自らのブロックポイントで試合を締めた。第3セットは25-21。セットカウント3-0の完勝劇だった。

W杯初戦のイタリアに勝利し、喜ぶ選手たち「歴史的な勝利」「大金星」といった言葉も散見されるが、そこは冷静に見ておきたい。

 2016年のリオ五輪で銀メダルを獲得し、世界ランキングは3位のイタリアだが、主力を欠いていた。世界屈指のオポジットであるイバン・ザイツェフ、アウトサイドヒッターのオスマニー・ユアントレーナにフィリッポ・ランザ、それにセッターのシモーネ・ジャネッリらが来日していない。ジャンロレンツォ・ブレンジーニ監督も「今回は若い選手たちを多く連れてきた。大きな目的は、若い選手たちがレベルの高い国際試合、強豪国が集まる大会に参加して、いい経験を積むことだ」と明言している。

 それでも、である。各国の代表選手が名を連ねる、世界最高峰のイタリア1部リーグが国内にあり、そこで揉まれた選手たちが中心となるイタリアは世界有数の強豪国だ。若手が中心とは言え、これまでの日本がそうそう勝てる相手ではなかったことも、また事実である。

 歴史的勝利ではないが、価値ある勝利であることに疑いはない。そして、日本の戦いぶりは、称賛に値するものだった。

「サーブで崩す」。この言葉から連想するのは、石川のサービスエースのように強力なジャンプサーブで得点をもぎ取ることかもしれない。確かに、今の日本には世界に誇れるビッグサーバーがいる。石川、西田に加え、この試合ではピンチサーバーで好サーブを放った柳田将洋(ユナイテッド・バレーズ)。この3人のジャンプサーブは大きな武器になる。