2019.07.12

ウインブルドンで旋風を巻き起こした15歳。
コリ・ガウフとは何者か?

  • 内田暁●取材・文 text by Uchida Akatsuki
  • photo by AFLO

 ビーナス・ウィリアムズ(アメリカ)によく似た子――。

 日本のテニス関係者の間でも、彼女はそんな形容句で、早くから知られていた。

 2年前の、フレンチオープンのことである。世界各地域の予選を勝ち抜いた18歳以下の少女で競われる、ジュニア部門のワイルドカード予選。その決勝で日本の永田杏里と対戦したのが、スラリと伸びた細い手足と、ポーカーフェイスが印象的なアフリカ系アメリカ人の少女だった。

ビーナスを破って一躍時の人となった15歳のコリ・ガウフ プロ顔負けの高速サーブを叩きこむプレーも関係者を驚かせたが、それ以上の衝撃は、彼女が13歳ということだった。当然ながら、まだプレーに粗さはある。時には、成長過程の長い手足を、本人も持て余しているようでもあった。

 試合は、17歳の永田が6−4、6−4で勝利。それでも、「ココ」の愛称で家族等から呼ばれるコリ・ガウフ(アメリカ)は、末恐ろしい13歳として、その存在感を示した。

 この当時、関係者から聞いたガウフの話に、次のようなものもあった。

 試合前の練習やウォームアップでも、彼女は浮かれることも極度な緊張状態に陥ることもなく、淡々と、プロ選手たちのような真剣さと集中力で取り組んでいたという。

 父親はアメリカの大学リーグでレギュラーを張ったバスケットボール選手で、母親は陸上と体操で活躍。そのような環境面でのアスリートの資質もあるだろうか、まだ10代前半の少女のテニスに取り組む姿勢は、それだけで周囲の目をひいたという。

 その4カ月後、彼女は全米オープンジュニアで準優勝すると、昨年のフレンチオープンジュニアでは史上4番目の若さで頂点に。以降は一般のプロ大会にも出場し、わずか1年でランキング200位台にまで駆け上った。

 そして、今回のウインブルドンでは予選の3戦をすべてストレートで快勝し、本戦への切符を勝ち取る。15歳3カ月での予選突破は、グランドスラムがプロに門戸を開いた1968年以降のウインブルドン最年少記録である。