2019.05.28

錦織圭、全仏初戦は快調なスタート。
「反省点、ほぼなし」

  • 内田暁●取材・文 text by Uchida Akatsuki
  • photo by AFLO

 情報の少ない未知の選手との初対戦は、相手のランキングや戦績を問わず、常に難しいものだと多くの選手が声を揃える。それが相手の地元……それも、「時々異常なまでにエキサイトする」と錦織圭も警戒心を抱く、フレンチオープンでの対戦なら、なおのことだ。

大きなミスもなく全仏オープン初戦を突破した錦織圭「サーブがよくて、ストロークもしっかりしている選手だと思いますが、ある程度の情報しかなくて……」

 それが、初戦に挑む前の錦織の状態。相手の得意なポイントパターンや、ボールの質はわからず、あとは試合のコートで探っていくしかなかった。

 情報の少ない選手との対戦の難しさについては、やはり今大会の1回戦で初対戦の選手と戦ったロジャー・フェデラー(スイス)も、次のように語っている。

「ボールの重さや、相手の得意なパターンを知っていることは、常に助けになる。初対戦の選手との試合が難しいのは、相手がいいプレーをした時、それがラッキーショットなのか、それとも実力なのかがわからない点だ」

 だからこそ、試合の立ち上がりで相手の実力を見極めることが重要になるのだと、百戦錬磨の37歳は言った。

 相手のいいプレーを、実力か否か見極めるのが重要というのは、その逆でも当てはまることだろう。

 錦織がフレンチオープン初戦で対戦したカンタン・アリス(フランス)の場合は、立ち上がりからミスが多かった。

 22歳のアリスは、長身から打ち下ろすサーブと、強烈なストロークを武器にジュニア時代に活躍した、フランステニス界のかつての新星。その潜在能力は侮れないものの、同時に、ここ数年のランキング的には伸び悩みが見られるのも確かだ。

 その相手に錦織は、序盤から快調に飛ばしゲームを重ねた。

 相手は時折フォアの強打で才能の片鱗を輝かすも、そのプレーが続かない。対する錦織はベースラインから下がらず、とくに鋭いバックで矢継ぎ早に攻めたて、機を見てはネットに詰めてボレーやスマッシュで仕留める。

 身びいきで知られるフランスのファンが地元選手に声援を送る間もなく、第1セットは29分。またたく間に、錦織が奪取した。