2017.09.08

松岡修造、杉山愛ほか8人から、
引退する伊達公子への惜別メッセージ

  • 神 仁司●文・写真 text & photo by Ko Hitoshi

杉山 愛氏
 元プロテニスプレーヤー。シングルスで世界ランク8位、ダブルスでは世界1位になった。現役時代にフェドカップ日本代表では伊達と一緒に戦った。

「何よりも第1次キャリアと違ったのは、彼女が心から楽しんで、ツアーもまるごと楽しんだということです。第2次での現役挑戦は、自分へのチャレンジということもあったと思う。最後の方はケガとの戦いで日々体調が違い、それに向き合う厳しさもあったなかで、できることをやった。本当に自分へのチャレンジを楽しんでいた。

 まだまだやりたい気持ちが彼女にあるようなので、心苦しくも感じますけど、競技者は結果を出していかないといけない世界ですからね。ここでひとつピリオドを打つことを決心したということで、心からお疲れさまでした、と言いたいですね。

 伊達さんは華がある方ですので、今後もテニスの魅力をどんどん広めていかれるでしょう。競技者でなくなって形は変わりますけど、伊達さんしかできないことがきっとある。何をするかは、すべてが終わってからでないと見えてこないでしょうけど、伊達さんのやり方でやってくれるんじゃないかと思っています」


村上武資氏
 村上氏は、元フェドカップ日本代表監督で、伊達を日本代表に再招集して一緒に戦い、アジアゾーンからワールドグループIへ一緒に駆け上がった。