2015.10.07

【テニス】ツアー初優勝を遂げた日比野菜緒ってどんな子?

  • 内田暁●取材・文 text by Uchida Akatsuki   photo by AFLO

 楽天ジャパンオープンの話題で日本が賑わっているそのころ、遠く離れたウズベキスタンの首都タシケントで、ひとりの日本人女子選手がWTAツアー初優勝を成し遂げた。

 日比野菜緒――。日本人女子史上わずか8人しかいないツアー優勝者リストに、9人目としてその名を刻んだ20歳である。

日本人女子選手として9人目のWTAツアー優勝を果たした日比野菜緒 とはいえ、おそらく日比野の名はよほどのテニスファンでなければ、今回の優勝まで耳にする機会は少なかったに違いない。今季開始時の世界ランキングは213位。グランドスラムの出場経験はなく、今年8月の全米オープン予選3回戦がもっとも本戦出場に近づいた瞬間であった。

 ただ、「日比野菜緒」の名前に聞き覚えのない人たちでも、その名の由来となった人物なら、おそらく良く知っているだろう。

 沢松奈生子――。元世界ランキング14位、1990年代日本女子テニスブームの中核選手。日比野家の長女には、その名選手にちなんだ名が与えられた。ちなみに、菜緒の2歳年長の兄の名は、「修造」。これも、日本男子テニス界の第一線で活躍した「松岡修造」から取ったものだ。

 それら命名の由来を知れば、「さぞかし、ご両親はテニス教育に熱心なのだろう」と多くの人は想像するかもしれない。ところが実際には、日比野がテニスを始めたのは10歳の時と遅い。しかも始めたその理由も、あまりにテレビゲームに熱中する兄の運動不足を心配した親が、近所のテニススクールに通わせた「ついで」だというのだからユニークだ。