2017.11.25

田臥に続く日本人NBA選手へ。
米国で4年生の渡邊雄太に必要なもの

  • 杉浦大介●文 text by Sugiura Daisuke
  • photo by Getty Images

 日本バスケットボール界の期待の星である渡邊雄太は、カレッジ生活最後のシーズンでまずまずのスタートを切っている。最上級の4年生を迎え、ジョージ・ワシントン大学のエースを担う。3人いるキャプテンのひとりにもなった22歳のサウスポーは、開幕からの4戦で平均13.5得点、9.3リバウンド、3.5ブロックという好成績をマークした。

ジョージ・ワシントン大学のエースとして活躍する渡邊 日本人選手として稀有(けう)な才能の持ち主である渡邊は、得点を取るだけではなく、守備、リバウンド力も備えたオールラウンダーとしての力をアピールしている。過去3年間で、平均得点も7.4→8.4→12.2と順調に伸ばしており、今季も素晴らしい成績を残すだろう。

 しかし――。ジョージ・ワシントン大はここまで2勝2敗。渡邊が19得点、11リバウンド、7ブロックと大爆発したハワード大との開幕戦は84-75で快勝したものの、FG(フィールドゴール=フリースロー以外の得点)が17本中5本しか決まらなかった11月10日のフロリダステイト大、15本中6本の成功に終わった11月20日のライダー大との試合は惜敗した。