2021.01.14

F1昇格。角田裕毅が日本人ドライバー歴代最高の逸材である理由

  • 米家峰起●取材・文 text by Yoneya Mineoki

 2021年のF1のグリッドに、日本人ドライバーが帰ってくる。

 角田裕毅(つのだ・ゆうき/20歳)は2014年・小林可夢偉以来の「日本人F1ドライバー」としてアルファタウリからデビューを果たす。もしかすると、角田は歴代日本人ドライバーのなかで最も大きな成功を収めるかもしれない。いや、日本人という枠に収まらず、F1ドライバー全体のなかでも歴史に名を残すドライバーになるかもしれない。

アルファタウリからF1デビューを果たす20歳の角田裕毅アルファタウリからF1デビューを果たす20歳の角田裕毅  昨年FIA F2で見せた走りは、すでにパドックのなかでも角田に対して、そんな評価を固めつつある。

 ずっと彼に接してきて驚かされたのは、精神的な成熟の度合いだった。

 角田は2019年にヨーロッパへと渡り、FIA F3そしてFIA F2をそれぞれ1年で卒業してスーパーライセンスを取得し、F1昇格を決めた。たった3年前に日本で入門カテゴリーのFIA F4に乗っていた若者が、もうF1のシートを射止めた。これは驚異的なスピード出世だ。

 あのシャルル・ルクレール(23歳/フェラーリ)でさえ、F2とGP3をそれぞれ1年目で制する前にユーロF3で1シーズンを過ごしている。ジョージ・ラッセル(22歳/ウィリアムズ)はユーロF3で2年だ。角田の昇格がいかに速いかを物語っている。

 しかし彼にとっては、F1昇格も通過点に過ぎない。それはイモラでのF1初ドライブやアブダビでのテストドライブの際など、「なぜ緊張すると思うのかわからない」といった彼の言動の端々に表われている。

「F1ドライバーになることは夢というか、第1目標でした。でも、僕の本来の夢はワールドチャンピオンになることです」

 そういう姿勢でいるからこそ、目の前のレースやテストに舞い上がったりしない。そして、もっと大きな視点で物事を見て、今やるべきことを見据えている。

「2021年はルーキーらしくFP1から攻めて走りたいと思っています。F2でもそうでしたけど、シーズン序盤は自分らしく攻めてできるだけ早くクルマの限界値を知ったり、レースペースでも速すぎるとわかっていても攻めていって、最後にタイヤがタレると思うんですけど、そこからタイヤの限界値を知って、シーズン後半戦にそれをまとめながらシーズンを戦っていきたいと思います。もちろんチームメイトの(ピエール・)ガスリー選手は経験豊富ですし、彼から学びながら一歩ずつ成長できればと思っています」