2019.08.03

レッドブル・ホンダ、2連勝なるか。
ハンガロリンクとの相性もぴったりだ

  • 米家峰起●取材・文 text by Yoneya Mineoki
  • 桜井淳雄●撮影 photo by Sakurai Atsuo(BOOZY.CO)

 第11戦・ドイツGPを制して2勝目を挙げたレッドブル・ホンダとマックス・フェルスタッペンには、わずか4日後のハンガリーGP木曜から再び注目が集まり、巨大な木造のエナジーステーションで開かれた会見には大勢のメディアが詰めかけた。

ハンガロリンクのコーナーを攻めるレッドブル・ホンダ「自分たちがハンガリーGPの優勝候補だと思いますか?」

 ハンガロリンクはツイスティでパワー差が影響しづらいとあって、早くもレッドブルを最有力候補と目するメディアも少なくなかった。

だが、フェルスタッペンはこれを言下に否定した。

「いや、僕らは最有力候補ではないよ。今のところ、まだ僕らはメルセデスAMGに後れを取っているし、(ドイツGPの)ああいうトリッキーなコンディションでは結果を出すことができたとしても、僕らは現実的でなければならない。

 今年はメルセデスAMGが独走しているし、とくに先週があんなレースだったから、今週は逆襲しようと躍起になっているはずだ。やれることは何でもやってくるはずだよ。このサーキット特性を考えれば、彼らのクルマがかなり強力なのは明らかだ」

 例年であればフェラーリが速さを見せるハンガロリンクだが、今年はメルセデスAMGがマシンの設計コンセプトをガラリと変えて低速コーナーで速さを増しているだけに、これに対抗するのは難しいと見られている。それどころか、今年のフェラーリはストレート偏重型になっているため、モナコGPでの苦戦を見てもわかるように、ハンガロリンクは最も苦手な部類のサーキットのひとつだ。

 それでもフェルスタッペンは、ここで容易にフェラーリを凌駕できるとは言わなかった。

「フェラーリはいつもホッケンハイムでポールポジションを獲る力を持っていたし、今年は僕らがうまくやっただけで、まだああいった長いストレートがあるサーキットでは、他のサーキットに比べて高い競争力を持っている。

 今週末はまったく違ったサーキットだから、僕らのポジションが2番手なのか3番手なのかはわからない。ひとつだけ確かなのは、メルセデスAMGが今も前にいて、僕らにとっての目指すべきターゲットだということだろうね」