2018.09.16

マンセルと激闘、シューマッハを猛追。
アレジは鈴鹿で誰よりも速かった

  • 吉田知弘●取材・文 text by Yoshita Tomohiro
  • 桜井淳雄●撮影 photo by Sakurai Atsuo(BOOZY.CO)

【短期連載】鈴鹿F1日本グランプリ30回記念企画

 10月5日~7日、三重県の鈴鹿サーキットにてF1第17戦・日本GPが開催される。

 同地でのF1開催は、今年で30回目。その記念すべき2018年大会を盛り上げるべく、日本GPで名バトルを繰り広げたレジェンドドライバーたちがやってくる。鈴鹿サーキットを駆け抜けた名マシンに乗り込み、週末にはデモンストレーションランなども行なわれるが、そのなかでもひと際注目なのがジャン・アレジだ。

F1日本GP「伝説の瞬間」(1)から読む>>>

1994年の日本GPで雨のなかを激走するフェラーリのジャン・アレジF1日本GP「伝説の瞬間」(6)@ゲストドライバー編
ジャン・アレジ(1994年~1995年)

 1964年生まれのフランス出身。1989年の途中にティレルからF1デビューしたアレジは、1991年に名門フェラーリへと移籍を果たす。当時のエースナンバーであるカーナンバー27をつけ、常にコース幅いっぱいまで攻める闘志むき出しのドライビングは、フェラーリの地元イタリアの熱狂的ファン「ティフォージ」をはじめ、世界中のファンを魅了した。

 合計13シーズンにわたって活躍し、出走回数は歴代17位タイとなる202戦を誇るが、表彰台の中央に立ったのは1995年のカナダGP、その1回のみである。ただ、アレジは同世代のチャンピオンたちに負けない互角のバトルを繰り広げ、F1ファンの記憶に刻まれるレースを何度も見せてくれた。

 そのなかでも、とくにファンの間で語り継がれているのが1994年の鈴鹿だ。決勝レースは大雨に見舞われ、途中に発生したアクシデントで赤旗中断となる大荒れのレースとなった。そんななか、ナイジェル・マンセル(ウイリアムズ・ルノー)を相手に一歩も引かない走りを披露し、再開後のレース後半を大いに盛り上げたのがアレジだった。

 マシンパフォーマンスで勝るウイリアムズに何度も横に並びかけられるが、アレジも意地を見せて一歩も譲らない。すぐ後ろからプッシュしてくるマンセルをがっちりと押さえ込み、何周にもわたって白熱のバトルを展開した。その気迫の走りに、スタンドに詰めかけたファンは釘付けになった。