2018.05.25

エアレース・室屋義秀が、顔を
「イケメン」にして史上初の偉業達成へ

  • 浅田真樹●取材・文 text by Asada Masaki

 明らかに目は大きくなり、頬のあたりがスッキリして小顔に見える。以前の顔を見慣れている人なら、"顔をイジった"ことにすぐ気がつくはずだ。

 前と比べて"イケメン"になったかどうかは見る人の好みの問題だが、その出来栄えは、「不安もあったけど、悪くないかな」。イメージ通りの仕上がりには、世界チャンピオン、室屋義秀も満足げだ。

 地元・日本で開催されるレッドブル・エアレース・ワールドチャンピオンシップ第3戦に向け、室屋の準備は佳境を迎えている。

千葉でのレースを前に、忍者の姿で撮影に応じた室屋 photo by Mihai Stetcu/Red Bull Content Pool 誤解がないよう、念のためにつけ加えておくと、顔が変わったのは室屋ではなく、レース機である。室屋がレースで使用する飛行機、エッジ540V3は、先月フランス・カンヌで行なわれた第2戦を前に大掛かりな改造が施された。

 正面から見た機体前部を顔に見立てると、"目"に当たるのは、エンジン冷却用の空気の取り込み口。飛行中、ここから取り込まれた空気が機体内部を通り、機体底部にある排気口から抜けるのだが、その空気の流れによってエンジンが冷やされる。

 つまり、より多くの空気を取り込めばエンジン冷却には有効だが、その分、空気抵抗が大きくなってしまい、スピードダウンも引き起こす。そのバランスを取るのが難しいため、やたらと空気の取り込み口を大きくすることはできないのだが、室屋の機体は他に比べ、かなり目が大きくなったことが分かる。室屋が語る。

「(吸気口を)小さく絞っているチームが多いが、うちは他とは違う理論でやっている。具体的な分析結果は言えない、というか、複雑な計算なので自分もよく分かっていないが(苦笑)、いろんなテストを重ねて検証した結果、この形状がいいだろうということになった」