2018.02.20

MotoGPテストで、スズキ&ドゥカティの
若手2人が激走アピール

  • 西村章●取材・文・撮影 text & photo by Nishimura Akira

 2018年のMotoGPは全19戦、昨年よりも1戦多いレース数が予定されている。増えるのは、タイ東北部ブリラムのチャーン・インターナショナル・サーキット。10月上旬の第15戦としてカレンダーに組み込まれているが、このMotoGP初開催地で2月16日から18日の3日間にプレシーズンのオフィシャルテストが行なわれた。各チームとライダーにとっては、10月のレースに備えて情報とデータを収集しておくためにも重要なテストだ。

テストで上位タイムをマークした22歳のアレックス・リンス 3日間のスケジュールを終えてトップタイムを記録したのは、レプソル・ホンダ・チームのダニ・ペドロサ。

「ここを走行するのは初めてだったので、コースインするたびに少しずつ順応しながら限界を探っていった。10月のレースに向けて、ギアボックスや路面状態、マッピングなどをいろいろ知ることができてよかった」と、収穫の多いテストになったと話した。1月のセパンテストに続き、今回も充実したタイムと内容で終え、開幕に向けた準備は着々と進んでいる様子だ。

 ここ数年ではもっとも上々の仕上がり具合と言えそうだが、ペドロサ自身は「目標はあくまで、開幕戦でトップグループを争うこと。今はまだテスト段階とはいえ、フィーリングは少しずついい方向に進んでいる。さらにもっとテストを重ねて詰めていきたいところはあるけど、最初のセパンはポジティブだったし、今回もいい内容だった。なによりチームががんばってくれていて、暑いなかでいい情報をたくさん収集できた」と、あくまでもこの人らしい慎重な発言にとどめている。

 しかし、ホンダ勢の仕上がりがよさそうなことは、3日間の総合順位にも表れている。トップタイムのペドロサを筆頭に、そこから0.188秒差でチームメイトのマルク・マルケスが3番手、さらにその0.095秒背後にLCR Honda Castrolのカル・クラッチローと、3名のHRCファクトリーライダーがトップ4圏内に名を連ねている。ホンダ陣営の日本人ルーキー中上貴晶も、3日間を通して新人勢では最上位タイムを記録し、最後はペドロサから0.675秒差の総合10番手でブリラムテストを終えた。