2017.08.29

ドヴィツィオーゾ&ドゥカティの強さは本物。
ホンダ、ヤマハを脅かす

  • 西村章●取材・文 text by Nishimura Akira
  • 竹内秀信●撮影 photo by Takeuchi Hidenobu

 シーズン4勝目、今のところ2017年最多勝ライダーである。

 アンドレア・ドヴィツィオーゾ(ドゥカティ・チーム)の今回の勝利は、沈着冷静なレース展開の分析と状況判断がもたらした「巧い」勝ち方といっていいように思う。

接戦をモノにして今季4勝目をマークしたドヴィツィオーゾ(中央) シーズン1勝目の第6戦・イタリアGPは、自分たちのテストコースでもあるムジェロ・サーキットという地の利も活かし、週末のセッションを着実に積み上げて優位に進めた結果の勝利だった。2勝目の第7戦・カタルーニャGPは、暑く厳しいコンディションでタイヤを温存する作戦が成功して、他陣営よりも一枚上手に勝負を進めた。また、先々週の第11戦・オーストリアGPでは、最終ラップの最終コーナーまで激闘を繰り広げた末に、力と技術でしのいだレースだった。だが今回は、それらのレース展開とはまた違った戦いのなかで、自分たちの強さを発揮した。

 優勝直後にドヴィツィオーゾは、「少し驚いたよ。朝のウォームアップのあと、バイクのフィーリングはよかったけれども、勝てるとまでは思っていなかった」と正直な印象を語った。