2017.01.09

マクラーレンとの関係を変えた
F1ホンダ長谷川祐介のチーム改革

  • 米家峰起●取材・文 text by Yoneya Mineoki
  • 桜井淳雄●撮影 photo by Sakurai Atsuo(BOOZY.CO)

F1ホンダ短期連載(4)
「F1総責任者・長谷川祐介の10ヵ月」

「短期連載(1)」「短期連載(2)」「短期連載(3)」はこちら>>>

 2016年2月末にホンダのF1総責任者に就任して以来10ヵ月、長谷川祐介はホンダの組織を生まれ変わらせてきた。

「よく、『何を変えたんですか?』と聞かれるんですけど、自分で変えた意識はないし、『こういうことを意識して』っていうこともないんです」

 長谷川はそう言うが、外から見ていても、明らかにホンダは変わった。

ホンダの長谷川祐介F1総責任者に2016年を振り返ってもらった ホンダ自身も、マクラーレンとの関係も、1年前とは比べものにならないほど風通しがよくなり、組織として強くなったように見受けられる。

 言いたいことが言い合えるフランクでフラットな関係、そして現場で起きている問題が正しく組織全体に伝わり共有できる風通しのいい組織――。それが、長谷川がトップに就いて以来、形成されてきた組織だ。

「現場で起きていることや今の問題点をみんながストレートに話ができるとか、(総責任者である)僕自身がそれをきちんと理解して優先順位をつけて、その課題にあたることができるようにして、まだ十分ではないものの、それによって今シーズンはステップアップしてこられたと思います」