2021.12.15

無敗で重賞を制した逸材がズラリ。年末の2歳GIを占う「2歳牡馬ランキング」

  • text by Sportiva
  • photo by Sankei Visual

 今年の2歳牡馬戦線は前評判の高かった良血馬や期待馬がやや苦戦。新馬、重賞と1番人気で連勝を飾った馬は、GIIIサウジアラビアロイヤルC(10月9日/東京・芝1600m)を制したコマンドライン(牡2歳/父ディープインパクト)くらいだ。

2戦2勝でGIIIサウジアラビアロイヤルCを制したコマンドライン2戦2勝でGIIIサウジアラビアロイヤルCを制したコマンドライン  ただし、決してレベルが低いわけではない。パソコン競馬ライターの市丸博司氏が語る。

「今年の2歳牡馬は全般的に、現時点でのTF指数(※市丸氏が独自に編み出したデータ指数)が昨年よりもやや落ちます。しかしながら、指数1位のセリフォス(牡2歳/父ダイワメジャー)は昨年の1位よりもポイントが高く、ポイント上位勢は例年並みの指数をマークしています。(大舞台への戦いは)まだまだこれからですし、今後に希望が持てる世代と言えるのではないでしょうか」

 実際、無敗で重賞を勝っている馬は冒頭のコマンドラインの他、GIII札幌2歳S(9月4日/札幌・芝1800m)を圧勝したジオグリフ(牡2歳/父ドレフォン)、GII東京スポーツ杯2歳S(11月20日/東京・芝1800m)で完勝劇を演じたイクイノックス(牡2歳/父キタサンブラック)、そして市丸氏が触れた、GIII新潟2歳S(8月29日/新潟・芝1600m)とGIIデイリー杯2歳S(11月13日/阪神・芝1600m)を制覇しているセリフォスらがいる。いずれも、実力を秘めた逸材ばかりだ。

 そして、こうした面々がしのぎを削る2歳GI、朝日杯フューチュリティS(12月19日/阪神・芝1600m)やホープフルS(12月28日/中山・芝2000m)がまもなく行なわれる。今回はそれらを前にして、現時点での2歳牡馬の『Sportivaオリジナル番付()』を発表したい。
※『Sportivaオリジナル番付』とは、デイリー馬三郎の吉田順一記者、日刊スポーツの木南友輔記者、独特なデータを駆使するパソコン競馬ライターの市丸博司氏、フリーライターの土屋真光氏、Sportiva編集部競馬班の5者それぞれが、来春のクラシックを目指す2歳牡馬の、現時点における実力・能力を分析しランクづけ。さらに、そのランキングの1位を5点、2位を4点、3位を3点、4位を2点、5位を1点として、総合ポイントを集計したもの。