2021.06.19

明確な穴パターンが存在するマーメイドS。今年もそれにハマる馬が5頭いる

  • text by Sportiva
  • photo by Yasuo Ito/AFLO

 夏の牝馬重賞、GIIIマーメイドS(阪神・芝2000m)が6月20日に行なわれる。

 牝馬のハンデ重賞とあって、波乱の多いレースだ。実際、過去10年の結果を振り返ってみても、7番人気以下の伏兵が5勝、2着7回、3着3回と頻繁に馬券圏内に入っており、3連単では10万円以上の高配当になったことが8度もある。

 まさにオイシイ馬券を狙うには、絶好のレースと言える。そして今年も、絶対的な存在がおらず、荒れる可能性は大いにある。そこで、過去10年の結果を参考にして、今回のレースで高配当をもたらしてくれそうな馬を探し出してみたい。

 過去に波乱を演出した馬の傾向を見てみると、大まかに2つのパターンがあることがわかる。

 まずひとつは、3歳時に牝馬三冠レースの前哨戦で馬券圏内(3着以内)に入って、本番でも好走したり、注目を集めたりした馬が、近走の不振、あるいは条件戦を勝ち上がったばかりで低評価に甘んじるなか、激走を果たすパターンである。

 2011年に7番人気で2着となったブロードストリートをはじめ、2013年に7番人気で勝利したマルセリーナ、同年に10番人気で2着と好走したアグネスワルツ、2015年に8番人気で快勝したシャトーブランシュ、2016年に6番人気で勝利したリラヴァティ、同年に5番人気で3着に入ったココロノアイ、2017年に6番人気で3着に入線したアースライズ、2018年に10番人気で金星を挙げたアンドリエッテ、2019年に5番人気で3着と奮闘したスカーレットカラーなど、その例は数多い。

 とすれば、今年も同様のパターンの馬を狙うべきだろう。その候補となるのは、アブレイズ(牝4歳)、サンクテュエール(牝4歳)、シャドウディーヴァ(牝5歳)、パッシングスルー(牝5歳)、フィリアプーラ(牝5歳)。いずれも、牝馬三冠の前哨戦で勝つか、連に絡むなどの勝ち負けを演じて、本番でも多少なりとも注目された馬たちだ。