2021.03.24

高松宮記念に臨むレシステンシアはスプリント戦に対応できるのか?

  • 新山藍朗●文 text by Niiyama Airo
  • photo by Sankei Visual

 GIII阪急杯(2月28日/阪神・芝1400m)のレシステンシア(牝4歳)は強かった。

 インディチャンプ、ダノンファンタジーとGI馬2頭が参戦し、決して楽なメンバーではなかったが、終わってみれば、レシステンシアのワンサイドゲームだった。スタート後、100mほどで先頭に立つと、あとは悠々と逃げて、直線では後続をさらに突き放して2馬身差の快勝。1分19秒2のレコード勝ちというおまけ付きだった。

 こうなると、GI高松宮記念(3月28日/中京・芝1200m)へ向けて期待が膨らむ。

 1400mをあのスピードで逃げ切ったのだ。ならば、距離が1ハロン短縮される高松宮記念では、よりそのスピードが生きるはず。再びレシステンシアが逃げ切る――そう考えるファンは少なくないだろう。

 おそらく阪急杯に続いて、高松宮記念でもこの馬が1番人気に推されるに違いない。

前哨戦の阪急杯をレコード勝ちしたレシステンシアだが... ただ一方で、そう簡単ではない、という声もある。

 GIとなれば、メンバーが一気に強化されることもあるが、それ以外にも展開面などによって、レシステンシアは厳しいレースを強いられる、というのだ。関西の競馬専門紙記者が言う。

「阪急杯は、前が圧倒的に有利な高速馬場。しかも、逃げるレシステンシアに絡んでくる馬もいなかった。レシステンシアに『勝ってください』というようなレースでした。