2021.01.11

朝日杯FSで戴冠を果たしたグレナディアガーズ。この春の勝負路線は?

  • 河合力●文 text by Kawai Chikara
  • photo by Kyodo News

2021年クラシック候補たち
第2回:グレナディアガーズ

 今春の大舞台を目指す、明け3歳世代。その牡馬において、世代最初のGIウイナーとなったのは、栗東トレセンの中内田充正厩舎に所属するグレナディアガーズ(牡3歳/父フランケル)だ。

GI朝日杯FSを制したグレナディアガーズ 父はヨーロッパで14戦全勝、GI10勝という記録を残した歴史的な名馬フランケル。母はアメリカのGIBCフィリー&メアスプリント(ダート1400m)を勝っているウェイヴェルアベニューという良血馬である。

 昨年7月にデビューするも、当初は期待どおりの結果を残せなかった。新馬戦で2着、続く未勝利戦でも4着と人気を裏切った。

 しかし、3戦目の未勝利戦(11月7日/阪神・芝1400m)でついに真価を発揮する。道中2番手につけると、直線半ばで逃げたロードリスペクトをあっさりかわし、持ったままゴール板をトップで通過。後続に3馬身差をつける圧勝劇を披露した。

 その勢いで挑んだのが、GI朝日杯フューチュリティS(12月20日/阪神・芝1600m)。前走で未勝利を勝ち上がったばかりで、7番人気の低評価だったが、大逃げを打ったモントライゼに続く、好位2、3番手を追走。直線、残り200mを切った時点でモントライゼを捕らえ、先頭でゴールした。

 終始安定した走りを見せたグレナディアガーズは、人気馬の追撃も見事に抑えてレコード勝ち。今後のさらなる飛躍が期待された。