2020.12.26

鷲見玲奈が占う有馬記念。「今年は牝馬!」と予想も「サイン馬券」も発見!?

  • 浅田真樹●文 text by Asada Masaki
  • 立松尚積●写真 photo by Tatematsu Naozumi

 2020年を振り返ると、史上初の記録がいくつも生まれた年でしたね。

 アーモンドアイの芝GI通算9勝をはじめ、コントレイルは父子で無敗の三冠馬となり、デアリングタクトは無敗で牝馬三冠を達成。さらには、ソダシが白毛馬として初めてGI勝利を果たしました。

今年の有馬記念を楽しみにしている鷲見玲奈さん
 そんな記録ずくめの1年も、いよいよクライマックス。フィナーレを飾るGI有馬記念(中山・芝2500m)が12月27日に行なわれます。歴史的な年を締めくくるグランプリレースですから、今から楽しみです。

 ただ、予想するとなると、これが本当に難しい......(苦笑)。実績馬が多いので、どの馬が勝っても不思議ではありません。

 この秋のGIシリーズは、ほとんどのレースで1番人気の馬が勝っています。それを考えると、1番人気になりそうなクロノジェネシスが勝つのかなと思いつつも、そんな年だったからこそ、最後の最後で大荒れというのもありそうだし......。

 有馬記念と言えば、その年の世相を反映した"サイン馬券"も気になりますよね。私もサイン見つけてしまいました!! でも、それはまた後でお話ししますね。

 では、私の苦心の予想を発表していきましょう。

 今年は、アーモンドアイを筆頭に牝馬の活躍が目立った、いわば"牝馬の年"。いかにも「最後もやっぱり牝馬だったね」ってことになりそうなので......、牝馬5頭BOXで勝負します!