2019.11.22

ジャパンCで穴党記者の心をつかんだのは、
勢いあるGI未勝利の4頭

  • 土屋真光●文 text by Tsuchiya Masamitsu
  • photo by Eiichi Yamane/AFLO

 GIジャパンC(東京・芝2400m)が11月24日に行なわれる。

 国際招待競走でありながら、数年前から外国からの参戦馬が減り続け、今年はついにゼロ。日本調教馬だけで争われることになった。

 また、昨年のレースで超絶なレコードタイムをマークして快勝し、今年のGI天皇賞・秋(10月27日/東京・芝2000m)でも圧勝した「現役最強馬」アーモンドアイが不在。さらに、今年のGI凱旋門賞に出走したキセキ、ブラストワンピース、フィエールマンといった古馬トップクラスや、牡馬クラシックで活躍したイキのいい3歳牡馬の参戦もなく、やや寂しいメンバー構成となった。

 ただその分、馬券的な妙味は増す。「主役不在」とも言われるレースにあって、かなりの高配当が期待できるかもしれない。

 そうなると、昨年のような高速決着にはならないと思われるが、日刊スポーツの松田直樹記者によると、「(東京競馬場は)絶好の馬場状態が維持されており、昨年に近い高速決着になる予感がしています」と言う。

「というのも、先週土曜日の東京・芝レースにおいて、2歳の未勝利戦と重賞でレコードが記録されました。新馬戦でも、レコードには届きませんでしたが、東京・芝マイルの新馬戦で史上最速の時計がマークされています。勝った馬がいずれも評判馬だったことを差し引いても、それらの結果が(現在の東京競馬場が)高速馬場であることを示していますし、ある関係者が『来週のジャパンCでは、2分19秒台(の時計)も出ちゃうんじゃないか』と冗談を言うほどの馬場。週中に予想される雨がどの程度かわかりませんが、基本は速い決着になると思っています」

 では、そうした馬場コンディションにおいて、どういった馬が狙い目になるのだろうか。松田記者はこう語る。

「昨年の上位馬のように、外をブン回すような大味な競馬をする馬ではなく、うまく内に潜んで、速い時計に対応できる先行馬が穴をあけそうな気がします。そういう意味で、まずはダンビュライト(牡5歳)を推奨します。骨折明けの前走GII京都大賞典(10月6日/京都・芝2400m)では、いきなり2着に粘り込みました」