2019.05.16

混沌ムードのオークスはデータ重視。
過去の激走例にハマる4頭を狙え

  • text by Sportiva
  • photo by Yasuo Ito/AFLO

 3歳牝馬の頂点を決めるGIオークス(東京・芝2400m)が5月19日に行なわれる。

 今年は、牝馬クラシック第1弾のGI桜花賞(4月7日/阪神・芝1600m)を制したグランアレグリアが路線変更して不在。また、忘れな草賞(4月7日/阪神・芝2000m)を勝って3戦3勝で挑むラヴズオンリーユーや、GIIIフラワーC(3月16日/中山・芝1800m)で圧巻の逃げ切り勝ちを収めたコントラチェックなど、別路線から有力馬がこぞって参戦してくるとあって、混沌とした状況となっている。

 加えて、桜花賞から800mの距離延長と、3歳牝馬にとっては未知なる距離での戦いとなるため、一段と激戦ムードとなっている。展開や流れ次第では、思わぬ結末が待っているかもしれない。

 過去10年の結果を見ても、1番人気が5勝しているなど、比較的”堅い”決着が多いものの、混戦模様になると、しばしば波乱が起こっている。2011年には7番人気のエリンコート、2013年には9番人気のメイショウマンボが勝利し、3連単はいずれも高配当をつけた(2011年=54万8190円、2013年=15万480円)。

 さらに、馬券圏内(3着以内)には、6~9番人気の伏兵馬が頻繁に飛び込んできている。その際には、人気馬が絡んでも3連単はすべて万馬券となっている。

 そうした状況を踏まえ、今回も過去10年の結果をヒントにして、今年のオークスで大駆けしそうな”穴馬”をあぶり出してみたい。

 まず着目したいのは、オークストライアルのGIIフローラS(東京・芝2000m)組だ。ここで好走しながら、本番で人気にならなかった馬がたびたび穴をあけている。

 2010年に5番人気で2着となったサンテミリオン(フローラS1着)、同年に8番人気で3着に入ったアグネスワルツ(同2着)をはじめ、2011年に8番人気で2着と好走したピュアブリーゼ(同3着)、2012年に9番人気で3着に突っ込んできたアイスフォーリス(同2着)、2013年に5番人気で2着と健闘したエバーブロッサム(同2着)、そして2017年に6番人気で2着と善戦したモズカッチャン(同1着)など、本当に数多くの例がある。