2019.04.06

穴党記者推し桜花賞の厳選4頭。
中間の現場取材で一発の可能性を見た

  • 土屋真光●文 text by Tsuchiya Masamitsu
  • photo by Yasuo Ito/AFLO

 いよいよクラシックシーズンが到来。その第1弾となるGI桜花賞(阪神・芝1600m)が4月7日に行なわれる。

 昨年はアーモンドアイが勝利し、そのまま牝馬三冠を達成。同馬はその後もジャパンカップを制すると、先日は海外GIのドバイターフまで快勝して、一気に世界トップレベルの名馬へと駆け上がっていった。

 とはいえ、昨年のレース前までは、大本命の馬は別にいた。無傷の4連勝で大一番に臨んだラッキーライラックである。同馬は圧倒的な1番人気に支持されながら、アーモンドアイの驚異的な末脚に屈した。

 そんな昨年を含めて、桜花賞では1番人気が目下4連敗中である。2014年にハープスターが勝利する前も3連敗という状況にあった。まだまだ成長過程にあるうら若き3歳牝馬ゆえ、断然ムードの馬であっても容易に勝てるレースではないのだ。

 そして今年、現在4連勝中の2歳女王ダノンファンタジー(牝3歳)がかなりの人気を集めそうだが、こうした過去の流れからすると、決して安泰とは言えない。意外な伏兵の台頭も十分に考えられる。

 その穴馬候補を挙げるにあたって、スポーツ報知の坂本達洋記者は「例年の傾向で考えれば、チューリップ賞(3月2日/阪神・芝1600m)組なんですが……」と言って、こう語った。

「(人気の)ダノンファンタジーが直線で前が壁になりながら、慌てずに外へ持ち出してきっちり勝利。やや抜けた存在であったことを考えれば、チューリップ賞組は勝負付けが済んでおり、食指が動きません」

 そこで、坂本記者は別路線組から推奨馬を挙げた。まずは、GIIIクイーンC(2月11日/東京・芝1600m)2着のビーチサンバ(牝3歳)だ。ここまで4戦1勝ながら、敗れた3戦はGIIIで2着が2回、GIで3着が1回と、高いレベルで安定した結果を残している。