2018.12.15

朝日杯FS、グランアレグリアが勝っても
好配当が見込める2頭の穴馬

  • 土屋真光●文 text by Tsuchiya Masamitsu
  • photo by Eiichi Yamane/AFLO

 2歳GIの朝日杯フューチュリティS(阪神・芝1600m)が12月16日に行なわれる。

 ここに、牝馬のグランアレグリア(牝2歳)が、先週行なわれた「2歳女王決定戦」となるGI阪神ジュベナイルフィリーズ(阪神・芝1600m)をパスして、果敢に挑戦してきた。そして、断然の1番人気と目されている。

 思えば、2年前にも牝馬のミスエルテが参戦。その際も、有力牡馬を押しのけてミスエルテが1番人気に推された。

 話題のフランケル産駒だったこと、前走のGIIIファンタジーS(京都・芝1400m)での勝利が鮮やかだったことが、その要因だ。しかし、ミスエルテはそれまでに牝馬としか対戦してこなかった。それを思うと、やや過剰人気といったきらいがあって、結局4着に敗れた。

 だが今回は、それとはわけが違う。これまで2戦2勝のグランアレグリアは、ともに牡馬相手に勝ち上がってきた。しかも、前走は重賞、GIIIサウジアラビアロイヤルC(10月6日/東京・芝1600m)である。来春のクラシックを見据える期待の牡馬も集うなか、後続に3馬身半差をつける圧勝劇を演じたのだ。

 さらに、新馬戦(6月3日/東京・芝1600m)で圧倒したダノンファンタジー(牝2歳)が、阪神JFを勝利。そうした状況を踏まえれば、ここで高い支持を得るのも頷ける。ミスエルテとは違って、”過剰人気”といった印象もない。

 そうなると、穴党の出番はないのか。

 過去10年の1番人気の成績を見てみると、4勝、2着2回、3着1回、着外3回と、70%が馬券圏内(3着以内)に入っている。この数字と実績を鑑みて、グランアレグリアも大崩れすることは考えにくい。穴党にとって、厳しい状況にあるのは確かだ。