2018.05.04

NHKマイルCで、過去の
「100万馬券の立役者」と似た3頭がいた

  • text by Sportiva
  • photo by Eiichi Yamane/AFLO

 3歳馬のマイル路線における頂点を決するGI NHKマイルC(東京・芝1600m)が5月6日に行なわれる。

 同レースはかつて、「マル外ダービー」と称されて、クラシック出走が叶わなかった外国産馬が活躍。人気の実力馬がその力を示す、手堅いレースという印象があった。

 それが、やがて外国産馬にもクラシックへの門戸が開放され、現在のように3歳馬の「マイル王決定戦」として趣が変わっていくと、一転して波乱含みのレースとなった。

 象徴的なのは、2009年と2013年だ。

 2009年は、10番人気のジョーカプチーノが先行して押し切り勝ち。2着に5番人気のレッドスパーダ、3着に13番人気のグランプリエンゼルが入って、3連単は238万1660円というビッグな配当となった。

 2013年も、10番人気のマイネルホウオウが大金星を挙げて、2着に6番人気のインパルスヒーロー、3着に8番人気のフラムドグロワールが入線。こちらも、3連単の配当は100万円超えを記録した。

 これ以外の年も、2、3着に10番人気以下の超大穴が飛び込むことも珍しくなく、まさしく"穴党"好みのレースと言える。

 とすれば、今年も"大荒れ"の展開を期待してみてはどうだろうか。実際に出走予定メンバーを見ても、波乱の匂いがプンプンする顔ぶれである。

 そこで、過去10年の穴馬を参考にして、今回激走しそうな馬をあぶり出していきたい。

 まず、過去の穴馬を見てみると、ひとつの共通点があることがわかった。それは、「オープン以上のレースを勝っている」ということだ。