2018.02.04

全姉アユサンに続け。桜花賞の
姉妹Vを狙うマウレアは姉より強い体質

  • 河合力●文 text by Kawai Chikara
  • photo by Eiichi Yamane/AFLO

2018年クラシック候補たち
第1回:マウレア

 今から5年前、2013年のGI桜花賞(阪神・芝1600m)で頂点に立ったのは、7番人気の伏兵アユサン(牝/父ディープインパクト)だった。ごちゃつく中団から抜け出し、2番人気のレッドオーヴァルとの叩き合いを制してクラシックの勲章を手にした。

 そして今年、その妹が同じく桜のタイトルを目指している。

 美浦トレセン(茨城県)の手塚貴久厩舎に所属するマウレア(牝3歳/父ディープインパクト)である。

阪神JF3着後、クイーンCから始動する予定のマウレア 昨年10月にデビューした同馬は、2歳新馬(10月14日/東京・芝1600m)を快勝すると、2戦目となった500万下特別の赤松賞(11月19日/東京・芝1600m)でも接戦をものにして連勝を飾った。

 2戦とも馬群を割ってくる力強いレースぶりで、ポテンシャルの高さを存分に見せつけた。初戦は2着馬にコンマ2秒差、2戦目はクビ差と、ともに僅差の勝利ながら、ジョッキーが懸命に追うシーンはほとんど見られず、着差以上に余裕を感じさせる内容だった。

 3戦目に選んだのは、2歳の「女王決定戦」となるGI阪神ジュベナイルフィリーズ(12月10日/阪神・芝1600m)。4番人気の支持を集めた彼女は、道中は中団のインを追走し、直線に入ると鋭い末脚を繰り出した。

 直線では、2番人気ラッキーライラック、3番人気リリーノーブルとともに3頭が抜け出す形となったが、上位2頭には及ばずに3着。それでも、この世代でトップクラスの力があることは証明した。