2017.12.09

オルフェ娘2頭に待った!
阪神JFはディープ娘マウレアに勝機あり

 さて、このレースの「ヒモ穴馬」ですが、関東馬のマウレアを取り上げたいと思います。重賞馬である前述の2頭に比べて実績では劣りますが、同じく2戦2勝の負けなしで大舞台に挑みます。

デビュー2連勝を飾って阪神JFに挑むマウレア こちらは、いかにもディープインパクト産駒らしい、弾けるような競馬で2連勝を飾ってきました。それも、2戦とも馬込みの中で競馬をさせられてきての勝利ですから、価値があります。

 特に前走は、9頭立ての少頭数で大外枠からのスタートでしたから、そのまま外から外を回ったほうが楽な競馬ができたと思います。にもかかわらず、あえて馬込みに入れて競馬をしていたように見えました。これは、将来への期待が高い証拠です。

 今回の阪神JFに限らず、来年の桜花賞などのビッグレースでは、間違いなく多頭数の競馬になります。外を回すとロスが大きく、馬込みで我慢できるほうがアドバンテージは大きいでしょう。そして、実際に馬込みで我慢させる競馬で2連勝してきたこの馬は、ここでもアドバンテージがあるはずです。

 騎手の心理としても、馬込みに入れるとどうなるか不安がある馬より、大丈夫だとわかっている馬のほうが、どんな競馬にも対応できるため、自信を持って騎乗できます。手綱を取る戸崎圭太騎手もチャンスを感じているのではないでしょうか。

 楽しみな1頭です。

大西直宏オフィシャルブログ>

大西直宏公式LINE@始めました。
元騎手の視点で馬券のヒントになる情報をお届け!
友だち追加で「@0024n」を検索!
下のQRコードを読み取って頂くことでも見られます。

◆荒れる阪神JFは「気まぐれ少女の穴馬3頭」が臨時ボーナス支給だ>>

◆いきなり緊急事態発生! 波乱含みの「2歳牝馬ランキング」は?>>

■競馬 記事一覧>>