2017.10.05

ソウルスターリングvs歴戦のGI古馬、
毎日王冠で優位はどっちだ?

  • 平出貴昭●文 text by Hiraide Takaaki photo by AFLO

 今週末の10月8日、東京競馬場で行なわれるGII毎日王冠(芝1800m)は3歳以上による重賞競走。GI天皇賞・秋(10月29日/東京・芝2000m)を目指す馬たちの多くが前哨戦に使うレースであり、今年も多くの実績馬がエントリーしてきた。

 GI馬だけでも今年のGI安田記念を勝ったサトノアラジン(牡6歳/池江泰寿厩舎)、今年のGIオークス馬ソウルスターリング(牝3歳/藤沢和雄厩舎)、昨年のGI日本ダービー馬マカヒキ(牡4歳/友道康夫厩舎)、昨年のGIドバイターフを勝ったリアルスティール(牡5歳/矢作芳人厩舎)、2014年GI日本ダービー馬ワンアンドオンリー(牡6歳/橋口慎介厩舎)と5頭。重賞勝ち馬8頭が揃う好メンバーとなった。

 その中から今回は唯一の3歳牝馬ソウルスターリングにスポットを当てる。秋競馬には3歳牝馬限定のGI秋華賞(京都・芝2000m)もあるが、同馬はより強い相手が揃う毎日王冠→天皇賞・秋に矛先を向けてきた。古馬を相手に好勝負は可能なのだろうか。

オークスを制して、桜花賞敗戦の悔しさを晴らしたソウルスターリング