2017.01.13

「もうオンナには負けん!」有力馬が
春を見据えた3歳牡馬ランキング

  • text by Sportiva
  • photo by Miura Koichi

 1位は、ホープフルSを勝ったレイデオロ。祖母のレディブロンドはディープインパクトの半姉という良血馬だ。

木南友輔(日刊スポーツ)
「取材をしていて感じるのは、藤沢和雄調教師がこの馬のことについては辛口というか、言葉少なであること。イコール、慎重さの裏返しで、相当な期待を持っていると考えて間違いありません。ホープフルSについては、2着が未勝利勝ちの馬、3着も新馬戦を勝って臨んだ馬と、一見レベルに疑問符がつくものの、レイデオロ自身は3戦連続で最速の上がりをマーク。底知れぬ強さを秘めていると思います」

市丸博司氏(パソコン競馬ライター)
「一瞬の切れ味は秀逸。ホープフルSでは、最後は抑える余裕まで見せて貫禄の勝利でした。クラシック戦線という意味では、この馬が中心となっていくのではないでしょうか。これで、2000m戦ばかり3戦3勝。兄ティソーナ(父ダイワメジャー)はマイルまでという印象でしたが、父がキングカメハメハに代わって、レイデオロはクラシックディスタンスに対応できそうです。今後が非常に楽しみです」