2016.10.12

秋華賞の「主役」ビッシュ。
華奢なヒロインの伝説が今、始まる

  • 河合力●文 text by Kawai Chikara
  • 三浦晃一●撮影 photo by Miura Koichi

「今も体は小さいのですが、デビュー前にこちらにきたときも『小柄で、ちょっと頼りないな』という体つきでした。それゆえ、成長をうながしつつ、他馬よりも調教メニューを少し加減しながら、じっくり、じっくりとデビューへと調整を進めてきました」

 デビュー戦が418kg、以降も420kg以下の馬体重でレースに出走しているビッシュ。もともと「他馬よりも、1日の調教による消耗度が大きかった」と木實谷氏は言う。だからこそ、時間をかけて育てていった。

「そうは言っても、当時から動きはよかったですね。ディープインパクトの子どもらしいバネがありましたし、能力の高さは感じていました。あとは、それが発揮されるだけのトレーニングができるかどうか。サラブレッドもアスリートですから、いくら素質があっても、トレーニングが積めないと(レースで)通用しないので」

 こうした背景からデビューは遅れたものの、ビッシュは自らの素質を見せつけるかのように、新馬、500万下条件と2連勝を飾った。デビュー戦に至っては、5馬身差の圧勝だった。

「(デビュー戦の頃は)まだまだビシビシと調教できない段階でしたが、そんな状況であれだけ走るのですから、『やはり素質は高いな』と感じました。ただ、2戦目を終えて天栄に戻ってきたときは、疲労困憊という状態でしたね。馬体も減っていて、回復には苦心しました」